合格配線チェッカーなるものを使うか迷うところ・・・。

合格配線チェッカーを使ってみるのはどうか

合格チェッカー合格配線チェッカーという便利ツールをご存知でしょうか?

これはホーザンから出されているいわゆる第二種電気工事士の技能試験に合格するための便利なツールで配線がきちんとされているかをチェックできるものです。

誤配線や極性などが違っているとちゃんとLEDが点灯してくれません。

なかなか考えられたツールでよく誤配線をする人にとっては誤配線をなくしていく上では重宝するものです。



合格配線チェッカーの使い方

これがホーザン 合格配線チェッカー の一式です。

入っているものは

コンセントチェッカー

ランプレセプタクルチェッカー

引掛けシーリングチェッカー

施工省略チェッカー

電源となる電池ボックスです。

まず、公表問題を作成します。

電源部分を剥ぎ取り乾電池ボックスから出ているコネクタの接続します。

引掛けシーリングがあるなら「引掛けシーリングチェッカー」を装着し、レセプタクルがあるなら同じように「ランプレセプタクルチェッカー」を付けます。施工省略部分があるなら「施工省略チェッカー」もつけます。

スイッチを動作させて、それぞれのLEDが点灯すれば配線は合っています。

優れものは、コンセント部分の極性違いをきちんと教えてくれるということです。つまり、極性があっていればLEDが点灯しますが極性が違っていれば点灯しないということです。

これは、直流の乾電池を生かしたチェッカーと言えます。実際のところ交流だと部屋の裏側に隠れてしまうコンセントの極性が違っていても電気は点灯しますから・・・。

交流での極性違いは検電器で発見できるので裏側に隠れても検査の時は分かってしまいます。


合格配線チェッカーはどこまで使えるものなのか

公表問題は13問あります。問題には様々な要素が入って構成されています。その中には200V回路やパイロットランプを使った同時点滅回路などがあります。

ホーザンの説明によると

本製品では「パイロットランプ」「200V回路」「アース回路」の配線確認はできません

となっています。

普通の100V回路なら機能を十分発揮できるのですが、パイロットランプ回路では確認できないとなると痛いですね。

ECQ講習会に参加