電気工事|漏電検査をHIOKI リーククランプメータ CM4001実施だがこれって漏電??

電気工事|漏電検査をHIOKI リーククランプメータ CM4001実施だがこれって漏電??

漏電検査

今回、HIOKI リーククランプメータ CM4001を使って漏電検査をしてみました。CM4001は漏電のアンペアのしきい値を設定できます。1mmA以内なら絶縁も一応良好とすることになっております。

漏電ブレーカーには30ミリアンペアで0.1秒で作動するものが取り付けられています。ので一応しきい値を20ミリアンペアに設定して漏電電流が20ミリアンペアを超えたら赤表示でクランプメーターが知らせてくれるというものです。

HIOKI リーククランプメータ CM4001

このクランプメータは狭い所でも電線が挟みやすいのが特徴です。

漏電検査クランプメーター

絶縁も良好で、漏電していない時はN線とL線の行き帰りが同じなので0ミリアンペアになります。

クランプメーター検査中

設定したしきい値を超えた場合の表示が音と赤表示で知らせてくれます。下の写真の回路は回路5です。

この回路は回路1ですが何やら信じられない数値が出ています。これって本当に漏電してるのかな?

漏電電流?




これは漏電なのか?今度は確認のため絶縁抵抗を測ってみて確認してみます

漏電していれば絶縁状況も悪いはず。それで絶縁抵抗計で抵抗を測ってみます。

まずは漏電していない正常の回路の絶縁抵抗です。この分電盤はコンパクトブレーカーなのでまずはブレーカーを落とし活線から切り離します。それからN線L線をブレーカーから引き抜きます。

NLを短絡させた状態で抵抗を測ってみると絶縁が良好なため無限大になっています。

sanwa (三和電気計器) 絶縁抵抗計 PDM5219S

メガー

問題のあった回路1の絶縁抵