電気無縁女子|第二種電気工事士技能4路スイッチ問題をちょっと気合を入れて作ってみたら21分弱で出来ました!

電気無縁女子|第二種電気工事士技能4路スイッチ問題をちょっと気合を入れて作ってみたら21分弱で出来ました!

技能試験では4路スイッチのある問題は時間切れの人が多かったり作成部分が多かったりと苦手意識が出てしまう問題です。




さて、今年の下期の女性受講者は1人でした。

この女性は普段は電気工事などとは全く無縁ですが今回筆記試験から頑張ってみました。筆記の配線図問題の講習では複線図の書き方の理解をいち早く習得しました。実際の筆記試験では3路スイッチの組み合わせの問題だったようですが複線図をしっかり書くことが出来たようです。

その成果か、技能試験の公表問題の4路スイッチのNO7の複線図を2分もかからず書き上げてから作成に入りました。

複線図からちょっと気合が入ってます。

第二種電気工事士技能4路スイッチ

タイムスタンプでは1分25秒でした。けっこう配線の数は多いのですが効率よく書いています。最初の作業はゴムブッシングの穴開けと取付です。

第二種電気工事士技能4路スイッチ

ブッシングの穴開けは初めてです。ニッパで切るといいよと言うことでやってみました。

第二種電気工事士技能4路スイッチ

初めてのことなので穴開けと取付だけで1分半かかってしまいました。でも一度経験したので今度の試験でこの問題が出てもブッシングは大丈夫です。電線作業に入ります。

第二種電気工事士技能4路スイッチ




電源線を作って250ミリ部分の3路スイッチに取り掛かったところで5分経過。まだまだ作るパーツがあります。出来上がった3路スイッチを速攻アウトレットボックスに差し込んでいきます。ここで6分経過。

第二種電気工事士技能4路スイッチ

残りの3心は使うところが2か所なので2等分しています。その一つのAボックスからBボックスまでの3心を作成していきます。

第二種電気工事士技能4路スイッチ