リングスリーブ用圧着工具を選ぶポイントとは

リングスリーブ用圧着工具リングスリーブ用圧着工具を自分に合ったものを選ぶ

第二種電気工事士での必須工具の一つはリングスリーブ用の圧着工具です。必須というのはこれがなければ技能試験では作業を完成させることはできません。

ECQ講習に参加された方の中に、まさに本番でこの工具が持参した工具の中に入っていなかったため、作業を完成させることができなかったのです。(見学状態・・・涙)

20213月更新の改良された圧着工具ホーザンP737の記事があります。

黄色い柄のものを選ぶ

黄色い柄のものを選ばなければならないとは?

圧着工具黄色これは第二種電気工事士の筆記試験でもリングスリーブ圧着にふさわしい工具を選ぶ問題が出題されて実際の工事でも適切な工事を行うためにも必要なものです。

どちらも圧着工具には違いありませんが、リングスリーブ用は左側の黄色い柄のものです。

右側のものは、絶縁被覆付圧着端子用圧着ペンチです。

筆記試験の段階でも電気工事でのリングスリーブの圧着は黄色い柄のものを選択することが基本であることを示しております。

黄色い柄のものにはJIS規格でJIS C 9711:1982・1990・1997適合品であればどのメーカーのものを選んでもよいと言えます。

個人に合ったものを選ぶとは?

個人に合ったものとは、JIS規格のものであれば、どれも使いやすいかというと、そうではないのです。

ECQ講習会に参加される方は様々な方がおられます。力の余っている方、手が小さい方、あまり工具類をもって仕事をしたことがない方、女性の方などです。

持参される圧着工具も様々です。大きく分けると三種類になるでしょうか。

「大」まで圧着できる大型のもの、、長さ的に中タイプのもの、女性でも使いやすいとされていた小型の圧着ペンチです。

写真では一番左が「大」まで圧着できるもので長さは277ミリ、真ん中のものは241ミリで「中」まで圧着、一番右側は長さが195ミリです。

自分は「大」の刻印までが使用でき