第二種電気工事士技能|技能講習会をおすすめするのはなぜ?

第二種電気工事士の技能試験対策としてECQ技能講習会をおすすめするのはなぜ?

ここ最近は、技能の試験対策として様々なサイトや動画などを通してどうすれば技能試験に備えることができるかの情報に困ることはありません。

実際に試験を受けて一発で合格できた方の中には、電気工事士サイトで勉強し、独学で取得された人が多くいます。一方で合格できる方がいれば、不合格になってしまう人もいます。

失敗は成功の元とも言いますが、失敗をどのように活かすかはそれぞれの取り組み方によります。

独学でも取得できる資格ではあるものの、技能試験対策として技能講習会をおすすめするのはなぜでしょうか?

第二種技能公表問題の何が欠陥かを見落とす

欠陥事例が公開されたにもかかわらず、この欠陥を見落とすことが多いことはECQの講習会でも毎回の問題作成の際に見受けられます。

  電気工事士技能試験の概要と注意すべきポイント 

上記のポイントを全部読むと確かに詳細に欠陥となる事柄が多く記載されてあります。しかしながら一度読んだだけでは把握できないと思う方もおられます。

熱心な方は欠陥事例を何度も読み込んで把握される方もいる。読んだ後は実際に作ることです。

講習会では最初に欠陥のない作業の基本を行ってから問題作成を行うのですが、基本を習った後でさえ、欠陥となる失敗を経験します。

何が欠陥となるのかを作品のパーツ1つを作った時点で確認できれば最善ですが、それでも見落とすことがあるのは主観的、つまり「本人だけの見立てで欠陥がないと思う」と言うことがあるので客観的な目がそれを気づかせてくれると言うことです。

客観的な目で見てもらうには講習会が一つの方法

ECQ第二種技能講習会は独りの目だけではなく、技能を見守る者の目があります。

講習を行う者は、毎年受講者の同じ欠陥や傾向を見ています。さらに新しく試験センターが公開した欠陥例を理解しています。大体、どこの部分が欠陥を起こしやすいか、あるいは「欠陥なし」と思い込みやすいかなども経験上客観的に気づきやすいと言えます。

こうして、作品を何例か作成する時点で本人の欠陥をなくしてゼロに近づけていくことができます。

それでもまだ講習会のメリットはあります。

時間短縮とリカバリの仕方を学べる

第二種電気工事士の技能試験は40分の制限時間で問題を完成させることが必要です。

おそらく、初めて個人的に問題を作成してみた人は40分は思ったより早く来てしまうことに気づきます。

何が原因で時間が足りないのか。

どこで時間がかかりすぎているのか。時間切れの心配がある方については時短の方法無駄な作業を省いて少しづつ作成時間を短縮していきます。

13問を作成し終える頃には、時間短縮(時短)は多くの受験者ができるようになってきます。

性格的に、「あわてんぼ」「思い込みやすい」「緊張する」「本番に弱い」など性格的なものも失敗したり、やり直したりしなければいけない事態になり時間切れになることもあります。作成時間に余裕が持てるようになればリカバリできる時間も確保できます

リカバリの方法は実際の講習会で失敗した時に一緒に考えながら行います。

例えば電線を短く切ってしまった時、渡り線がなくなってしまった時、接続を間違った時などはかなりあせることになります。

こうした状況が生じた時にもリカバリの方法を覚えておけば本番でもパニックになることなく作業を進めていくことができます。

電気工事士技能講習格安少人数制

第二種電気工事士の技能講習会を活用しよう

ECQ第二種電気工事士講習会は少人数制で最大5人までです。したがって参加者のすべてのみなさんの欠陥を確認することができ、随時分からない点や、改善できる点などを聞いていただくことができます。

今まで<