電気工事|絶縁抵抗測定で線間抵抗がゼロになる原因の一つ

電気工事|絶縁抵抗測定で線間抵抗がゼロになる原因の一つ

絶縁抵抗の測定で主に行うのは大地間の測定です。線間抵抗測定はどちらかというと新築などの場合の竣工検査の時に行う場合があると思います。電気を流す前に線間抵抗を測っておくことによってトラブルを避けることが出来るからです。

今回は仮設の回路を作成して絶縁抵抗の線間抵抗がゼロになってしまう原因の一つをわざと作ってみました。

絶縁抵抗測定

下の写真はメガで測った線間の絶縁抵抗ですがゼロに張りが動いていくものですが、最終的にはゼロになりました。

絶縁抵抗測定線間抵抗

まずはこの現象を作るために仮設の回路を作成してみました。

絶縁抵抗測定

この回路にブレーカーを2つ使用し、ブレーカーの1番をコンセント回路、2番目を換気扇と照明回路にしてみました。

ブレーカー分電盤

コンセント回路を2か所設置しました。右側と左側に設置です。

コンセント設置

この状態で線間の抵抗を測るわけですが、ブレーカーを落とします。仮設のものなので実際には電気は流れてはいません。

絶縁抵抗測定分電盤

測定レンジを125V  に合わせておきます。

絶縁抵抗計

ブレーカーを落とし