電気工事|電気女子第2種免状取得後の初めての電気工事はライティングダクト工事

電気工事|電気女子第2種免状取得後の初めての電気工事はライティングダクト工事|無事に終わって満足しました

今回は第2種電気工事士の試験に合格して免状を取得したばかりですが、ライティングダクト工事に挑戦です。

初めての電気工事がライティングダクト工事になるとは。なにせ初めて見る部品で筆記試験では工事の一環としてライティングダクト工事が出てくるものの見るのは初めてです。

まずはダクト本体のレールです。2mのものを使用しました。

パナソニック(Panasonic) 照明器具配線 ショップライン ダクト本体 2m 白 DH0212

ライテングダクトレール

ダクトエンドは パナソニック 配線ダクトエンドキャップ ホワイト DH0232
を使用しました。取付はもちろん外れてこないようしっかり締め付けます。
ライティングダクト工事 ダクトエンドキャップ

パナソニック(Panasonic) 照明器具配線 ショップライン フィ-ドインキャップ 白 DH0231K
はダクトレールに電源を供給するジョイント部分と言ってよいかと思います。
ライティングダクト工事 フィードインキャップ

フィードインキャップを差し込むのですが真っすぐ押し込むような感じがいいかも。ちょっと力を入れれば大丈夫です。

ライティングダクト工事

フィードインキャップとレール本体を2本のネジで固定します。やはりしっかりと締め付けます。

ライテングダクト フィードイン




部屋自体の長さを考慮に入れて電源供給の穴の位置を決めてからレールを固定することにしました。

穴開けは変わってもらいました。19ミリのドリルです。もう少し小さくてもよかったかもしれません。

下地がちゃんと入っていたので助かりました。