50年前の漏電ブレーカー使用の分電盤ボックスを危険なため入替しました

50年前の漏電ブレーカー使用の分電盤ボックスを危険なため入替しました

50年前の漏電ブレーカーとナイフスイッチを新しいものに入れ替えた経緯

この分電盤ウォルボックスのサービスブレーカーが上がった状態が確認されました。ナイフスイッチにはヒューズが組み込まれていましたが溶けた跡はなく漏電ブレーカーが作動した感じもありませんでした。でもサービスブレーカーが上がっていましたので過電流によるものかもしれません。

いずれにせよ、ボックスの蓋となっていたカバーは風化し壊れかけていました。

危険な漏電ブレーカーとボックス

ボックス内の構成は写真のように右からサービスブレーカー、漏電ブレーカー、ナイフスイッチとなっています。

1974年製造の漏電ブレーカー

漏電ブレーカーの製造年月は1974年2月となっています。あと2か月でまるっと50年です。耐久年数からしても作動するのか疑問です。

50年前の漏電ブレーカー

こちらは開閉器(ナイフスイッチ)です。古い家ではまだ見かけますが珍しい代物です。もちろん3相用のものもあるかもしれませんが以下はレバー式の開閉器になっているようです。

 

ナイフスイッチ

ナイフスイッチのカバーを開けた状態です。くもの巣が接続部分にびっしりついていました。よくトラッキングが起きなかったものと思います。火災の原因にもなりますね。

トラッキングの起きそうな開閉器




新しい漏電ブレーカーに入れ替えます

まずは新しい漏電ブレーカーと通常の配線遮断器2個を配置し、非常用の電源を1つとるために新しいウォルボックスでの組付けを行います。ウォルボックスは 未来工業製WB-13AJ を使用しました。古いものと同じサイズです。

ウォルボックス未来

方眼紙的にメモリが振られているので配置していきます。マーカーで印を打っていきます。

ウオルボックスにマーカー

電動ドライバーでもいいですがプラ部分を割ってしまうことがあるので今回はドライバーで手締めです。

ウオルボックスに組み込み

非常用の電源を露出形コンセントにして位置決めしています。

露出形コンセント

今度は漏電ブレーカーから配線用遮断器に分技していきます。

漏電ブレーカー取付

圧着した後は絶縁キャップを使用しました。これで交換の準備ができました。

交換の取り付け作業で古いものを外します。サービスブレーカーは活線状態でしたので慎重に行いました。

古い分電盤

外した感じがこんな状態です。上からのVEが電源側、下のVEが負荷側です。

新しいボックスにサービスブレーカーを移設します。

漏電ブレーカー入替中

負荷側の電線が短くなってしまったのでボックス内で延長作業を行いました。

新しいウォルボックス

電圧チェックを行い作動を確認して完了です。

たまに漏電チェックをしていきたいと思います。




動画で作業内容をご覧ください!

フォローをよろしく!