第二種電気工事士筆記試験で2022年度上期で出題された器具の裏側配線が正しいのはどれ?

第二種電気工事士筆記試験で2022年度上期で出題された器具の裏側配線が正しいのはどれ?

2022年度の筆記試験では技能試験でも出題されている器具の裏側配線でどれが正しいのかを選ぶ問題が出ました。

これは配線図問題の中で写真付きで選ぶ問題です。

出題された配線図は

出題問題は⑯で示す部分の配線を器具の裏側から見たものである。正しいものは?

ただし、電線の色別は、白色が電源からの接地側電線、黒色は電源からの非接地側電線、赤色は負荷に結線する電線とするというものです。

器具の配線が電線の色別と共に正しいかを分析してみる




まずはイの写真から配線を分析です.

上がスイッチ、下がコンセントの取付です。

非接地側電線の黒色はスイッチと渡り線でコンセント部分に差し込まれています。

接地側電線の白線がコンセントのWの部分に差し込まれています。

ここからスイッチを入れない状態であれば、コンセントは機能しています。

ではスイッチを入れるとどうなるでしょうか?

コンセントのW側からスイッチ側に黒の渡りが1本差し込まれています。なのでスイッチを入れたとたん、ショートした状態になりブレーカーが飛びます。

つまり非接地側電線と接地側電線をスイッチで短絡させる配線となっています。

ブレーカーを設置して実験したいところですがやめときます。

この配線は間違いです。
 

では次にロの結線を見てみましょう。

イと同じく非接地側電線の黒はスイッチと渡りでコンセン