第二種電気工事士技能試験|渡り線の作り方と渡し方・公表問題別に紹介

第二種電気工事士技能試験|渡り線の作り方と渡し方を公表問題別に紹介

第二種電気工事士の技能試験では13問の公表問題がありますがそのいくつかは渡り線のいる問題があります。

渡り線は最後に作るという人もいれば初めに作るという人もいます。どちらでもいいのですが、後回しにすると試験の時間が迫ってきて渡り線を作るのを忘れていたということもあります。

人それぞれですが、何かと忘れっぽい人は最初の段階で作って先に入れておいたほうがいいかもしれません。先にわたり線を電線からとってしまうと後で電線が足らなくなるという心配をされるかもしれません。

試験で支給される電線は渡り線1本につき10センチを見込んで支給されていますから足らなくなるという心配はいりません。

問題によって、1.6の2心からとる場合と3心からとるほうが効率が良いので以下に問題別に渡り線の作り方を紹介していきたいと思います。

動画をご覧になってから説明を読んでいただいても逆でもよろしいので参考にしていただければ幸いです。

電気工事士技能講習格安少人数制

NO1

NO1では渡り線(黒色)が2本必要です。1本につき10センチを目安に作成します。

電気工事士技能渡線

渡り線は外装を10センチでまず剝ぎ取ります。さきに外装ごと10センチで切っても中の黒線を出すためにはその電線をはぎ取らなければいけません。なら最初に外装をはぎ取って10センチの所で白黒2本とも切断します。同じ作業をして黒2本だけを渡り線に使います。

渡り線の両サイドを12ミリになるように被覆を剥ぎ取り心線を出します。

電気工事士技能渡線

2本の黒線をイのスイッチからロのスイッチへ、ロのスイッチからハのスイッチへと差し込みます。下の写真ではロのスイッチのところで黒線がクロスしていますがスイッチの内部でつながっているので電気的には問題がありません。渡り線は非接地側になるのでスイッチの片側にそろえておきます。

電気工事士技能渡線

渡り線をつけ終わったら電源から来る非接地側の黒線を渡り側に接続します。写真にあるように残りの電線はイロハの器具へ行くように差し込んでOKです。写真の左からハロイの順に差し込んである状態です。なのでジョイントボックデス内での結線を間違えないようにしましょう。

電気工事士技能渡線




NO2 パイロットランプ常時点灯の条件

NO2ではパイロットランプとスイッチの組み合わせでパイロットランプ(PL)は常時点灯という条件です。つまりスイッチを入れても入れなくてもPLは点きっぱなしと言う配線にします。

まずは10センチで黒線を1本渡り線に準備します。渡り線を斜め渡りにしないで写真のように渡します。PLには極性がないので斜めに渡しても大丈夫なのですが人によっては作り方がまずく短くなってしまうことがあるため斜め渡りで届かなくなったり心線が見えてしまうことがあります。それで写真のように差し込んでおきます。

電気工事士技能渡線

次にジョイントボックスに行く電線をさしこむことで常時になるようにします。下記の写真のように接続すれば常時点灯になります。(仮に渡り線をPLの右側に斜めに渡せば白線は左に来ることになります)

電気工事士技能渡線

NO4 スイッチとコンセントの組み合わせ

NO2とよく似ていますがNO4はスイッチとコンセントの組み合わせです。取付枠の下にコンセント、上にスイッチというものです。スイッチもコンセントも非接地側がありますので黒線を斜め渡りをしないように差し込みます。