2020年度第二種電気工事士上期の筆記試験が中止になりました

試験センターの発表によると2020年度の上期筆記試験が中止になりました。

こんなことは初めてことではないでしょうか。コロナウィルスの感染が危ぶまれる状況での決定となったようです。

上期試験に向けて、多くの受験者が申し込みや準備を進めてきたことでしょう。昨年の下期に筆記の資格が失われた方は上期にかけていたかもしれません。

試験センターの説明によると、筆記免除の方の技能試験はまだ中止ではないようで、様子見ということでしょうか。試験センターの発表分は以下の通りです。

令和2年度第二種電気工事士上期筆記試験(5/31)の中止について
2020 年 4 月 15 日 10:00 掲載
2020 年 4 月 15 日 17:00 更新
一般財団法人電気技術者試験センター
令和2年5月31日(日)に実施予定の、第二種電気工事士上期筆記試験につきましては、
実施に向けて準備を進めてまいりましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点か
ら、試験の実施を中止いたします。
受験を予定されておられました皆様には、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
1.中止に伴う対応
次の ① か ② とさせていただきます。
① 上期試験への申し込みを、下期に予定している試験へ自動的に振り替える。
② 受験せず返金を希望される方には、受験手数料を返還する(返金手続きを行わない
場合は、自動的に下期へ振り替えられます)。
受験手数料の返還の詳細につきましては、決まり次第、このホームページで公表い
たします。
なお、7月18日(土)、19日(日)に予定されている技能試験を「筆記試験免除で
申し込みをされた方」を対象に実施するか否かについては、現時点では不明です。
決定次第、ホームページで公表いたします。
2.その他試験の日程
第一種電気工事士試験、第二種電気工事士下期試験、電気主任技術者試験の日程は、今
のところ予定通りです。
これらの試験の実施については、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から変更
する場合がありますので、ホームページをご確認ください。




上期の筆記免除者の技能受験があるか、どうなるかが気になる所です。
コロナの感染の終息の出口が見えるかどうかが受験できるかの瀬戸際となります。

上期の筆記試験や技能試験が中止になることで多くの業種の方が影響を受けるようです。

ECQも技能講習を予定していましたので、試験が中止となれば大幅な影響を受けてしまいます。

上期の筆記免除者の技能試験が開催されることを望むのみです。

第一種電気工事士の準備をしている方もいることと思いますのでこちらも参考にしていただき、外出自粛中に参考にしてくださいませ。