第二種電気工事士|技能試験用工具はセットと単品、どちらで揃える?

第二種電気工事士技能試験用工具はセットと単品、どちらで揃えるのがいいのでしょうか

第二種電気工事士技能工具

しばしばECQには電気工事士の試験で使用する工具について、セットで揃えるのがいいのか単品で揃えるのがいいのかという質問を受けることがあります。

どちらがいいのか?

これには、人それぞれの価値観に違いでどちらがいいとは言い切れません。

初めて受験する人にとっては試験用の工具で何を揃えておけばよいかを分からない人にとっては失敗しないのはセット物ということになります。

セットものは試験に必要な工具がすべてそろっています。

別の人にとっては、自分にとって使いやすい工具がいいと言われる人もいます。そのような人には単品で工具の仕様や使い勝手を調べて揃える人もいます。

 

金額的に安いものがいいという方と、金額は少々高くても使いやすいものがいいと言う場合もあるのです。

セット物も単品も両方選べるホーザンの特設サイトがあるので是非のぞいてみてください。

ホーザン以外にもセット物を扱っているメーカーがあります。電気工事士試験|工具・電線器具セット



単品でそろえたほうが安い場合がある

安い物で揃えたほうが希望といわれる方はセットものではなく、単品で揃えたほうが安くなる場合があります。

セットものはだいたい1万円強といったところですが、電工ナイフは使わないので不要という場合、ナイフの分だけ予算を別の工具に回すことができます。

プラス、マイナスドライバー、プライヤーなどはホームセンターで比較的安い物で済ませることができます。スケールなどは100均のもので十分でしょう。

家にドライバーやプライヤーがあるならその分も予算が浮きます。

浮いた予算でしっかりした電工ペンチや剥ぎ取り工具、圧着ペンチを揃えれば技能試験に不足はないと言えます。

ECQでは電工ペンチに関してはVVF2ミリ3心まで切断できるパワーペンチを勧めています。(予算オーバーしてしまうかな?)電工ペンチは結構こだわったほうがいいかも・・・。

単品のほうが高くついてしまったらごめんなさい!

単品で購入を考えているなら同じ工具でも比較してみること

電気工事士の試験では試験センターが持参するものとして「指定工具」というものを挙げています。「指定工具」と言っても必ずしも試験会場で検品されることはありません。

指定工具とされているのは、電工ナイフ、プラスドライバー、マイナスドライバー、圧着用ペンチ、電工ペンチ、スケール、ウォーターポンププライヤーとなっています。

上記が指定工具となっていますが、電工ナイフに代わる剥ぎ取り工具としてあると便利なケーブルストリッパーなるものがあります。

必ずしも電工ナイフを使用しなければならないよいうことはありません。

したがって、電気工事士試験で問題を作成し完成させられる工具があればいいことになります。そうした工具を選ぶ際には同じ工具でも比較して自分にとって使いやすいもの、あるいは今までの受験者の声や、レビューなどを参考にできます。



揃えたい工具の代表的なもの、剥ぎ取り工具と圧着工具の2つ紹介

剥ぎ取り工具

代表的なのホーザン(HOZAN) VVFストリッパー P-958です。

この工具は第二種電気工事士技能試験に使われるVVFケーブルの外装及び被覆をスムーズにはぎ取れるように設計されています。外装剥ぎ取り、絶縁被覆の剥ぎ取りにはちょっとしたコツがいりますが、慣れれば軽くて重宝する一品です。

ホーザン仕様とよく似ているのMCC VA線ストリッパ (エコ) VS-4Aです。

この工具は外装剥ぎ取りをスムーズにするための握り部分にバネを2か所入れた仕様になっています。このバネはホーザンよりも使いやすいかなと個人的には思っています。

ホーザンに使われているバネは剥ぎ取り部分と重なっているため使いにくいと感じる場合があります。私の場合はホーザンのこのバネをとっぱらって、ない状態にして使用しています。

ガッチャンタイプでもいろいろ出されています。