電気工事士筆記試験突破|超文系でも大丈夫

超文系でも第二種電気工事士に試験は大丈夫なのか

 

毎年かなりの数の人がこの電気工事士に試験に挑んでいる。その中には実際の電気工事の仕事に携わっている人は少ないです。

近年は、空調関係、つまりエアコン取り付け業者関係の人が資格取得の必要性が増したためか多くなりましたが・・・

実際のところ、全国でどれくらいの人が電気関係で電気工事士の資格を取ろうとしているかは分かりません。受験申し込みの段階で現在の仕事などの記入事項なんてないですから・・・。

これはECQの講習に来られる方の受験背景や現在の仕事などを話してくださる段階で分かったことですが、工業高校を出た人とか電気工事の仕事についている人は全体の2割ほどです。

ECQ講習の8年間のデータ的なものですが・・・。

主婦の電気工事士

例えばこの写真の方は主婦の方でした。同じように15人ほどの女性が講習に参加しましたが電気関係はやはり2割ほどです。電気関係といっても工事に携わっている人は少なくどちらかというと通信関係でしょうか。

男性の方においても実際にに電気関係はごく少数です。現在電気関係に携わっているとはいえ、もともとは文系それも超文系の方もいます。

転職や今の仕事で電気の資格が要るようになったため電気の勉強を始めたという感じでしょうか。

というわけで、第二種電気工事士に挑戦される方、超文系でも大丈夫なのです。安心してください。同じ畑の方が何人も取得しています。



筆記試験においては電気理論や計算問題は捨てる覚悟で

文系のひとにとっては、確かに計算問題や電気理論から試験勉強を始めれば、数時間で嫌気が差してしまうでしょう。

例えばこんな問題をいきなり見たらどう思いますか?

えー!これ何?何のマーク?全然見たこともない図面的問題に圧倒されてしまいませんか?

オームの法則とか学校で習ったとは思うけど、そんなのいつのことやら。法則の名前くらいは憶えているけど・・・。いや覚えていない!

文系の方なら計算問題は捨てる覚悟で勉強していきましょう。

第二種電気工事士に関する参考書が出ていますが、初めのページあたりから計算問題が出ているものは挫折しやすいでしょう。

その点、計算問題は最後の章に出てくるという構成になっているいちばんやさしい 第2種電気工事士【筆記試験】 最短テキスト&出る順過去問集は参考書としてはとっかりやすいものです。

昨年、女性の方でこの参考書を勉強されていた方がいました。もちろん電気関係ではなく文系というか電気には全然関わらない仕事でしたがこの本で合格しました。(ECQ技能講習で技能も合格・・おまけ)

もちろん、有名なオーム社なども第二種電気工事士筆記完全マスター (LICENCE BOOKS)とか出しています。カラーのページが多く説明もわかりやすいのですが、いきなり計算問題と理論が出てくるので文系の方は後ろから読んでくるといいのかもしれませ