第二種電気工事士|リングスリーブの圧着刻印は筆記試験だけでなく技能試験でも合否に影響

リングスリーブの圧着刻印は筆記試験だけでなく技能試験でも合否に影響

平成28年度上期の筆記試験から配線図問題に導入された問題形式の中にリングスリーブの圧着後の刻印の種類との組み合わせを選ぶ問題がある。

平成28年度上期問題※試験センター抜粋※

解答に関しては後述しています。

平成27年度まではこの種類の問題は出されませんでした。下記写真(試験センターより)

リングスリーブの圧着刻印は筆記試験で点数を稼ぐために必要。

ここで正解ができなくても他で60点を取れば筆記試験はまず合格となるが、技能試験ではこの刻印を確実に適正にしないと必ず不合格となるので注意が必要となる。

圧着刻印(圧着マーク)の組み合わせは試験センターの改正された「技能試験の概要と注意すべきポイント」にも掲載されました。

第二種の技能試験では「〇」「小」「中」までの刻印が必要となり。「大」は組み合わせとしてはありません。

第二種の技能試験での組み合わせは

「呼び」が小のスリーブを使用の場合と、「呼び」が中の2種類のリングスリーブを使用します。「呼び」という言い方をタイプとします。

1.6ミリが2本の場合は小タイプで「〇」の刻印

1.6ミリが3本の場合は小タイプで「小」の刻印

1.6ミリが4本の場合は小タイプで「小」の刻印

2.0ミリが1本と1.6ミリが2本の場合は小タイプで「小」の刻印

2.0ミリが1本と1.6ミリが3本の場合は中タイプで「中」の刻印

2.0ミリが2本と1.6ミリが1本の場合は中タイプで「中」の刻印

第二種の試験ではだいたい上記の組み合わせを覚えておけば筆記試験でも技能試験でも刻印の問題はクリアできる。



刻印の別の覚え方

上記の組み合わせでは6種類のパターンを記しましたが、別の覚え方としては上記の表にもあるようにまず

1.6ミリは㎟(2スケ

2.0ミリは3.5㎟(3.5スケ

と覚えます。

接続す