第二種電気工事士|転職をすべきか・・電気工事士のニーズは?!

第二種電気工事士|転職をすべきか・・電気工事士のニーズは?!

 

毎年第二種電気工事士の試験を受ける人数が増加している。資格を取る人の中には電気工事士として転職を考えている人もいる。

現在の仕事から電気工事士に転職を考えている方、また第二種電気工事士の資格が有利に働く仕事を探している方など実際の電気工事士のニーズはいかがなものだろうか

電気工事士2種は2020年頃から人材不足の可能性

これは経済産業省電力安全課の資料からの情報です。

電気工事士2種は2020年頃から人材不足が1万人程度生じることが可能性として挙げられています。大量退職はないが入職者が減少するとみられているためです。

2020年頃には電気工事士2種の必要数は11万人と言われているが、それに対して1万人の不足が予想されています。

電気工事士の試験申込者は年々増加している。平成23年から13万人を超え平成28年度は15万人を超えた。申込者が増加しているはずだが調査によると人材不足の可能性があるということだ。


裏を返せば電気工事士のニーズは十分にある

2020年と言えばそう遠くはない。2017年現在での電工業界の入職者(2種)の年代別の資料によると50代と60代で全体の50%を占めている。しかしながらこの状況は年度が進むにつれ、20代から40代が多くなってくる。

もちろん現在20代なら10年先は30代になるわけだが、それでも若い電気工事士のニーズは十分にあると言える。

ECQの電気工事士技能講習会に参加される方の中にはやはり転職を考えている方が多いのも事実です。現在の仕事から資格を有していた仕事のほうが将来的にいいのではないかと考慮しての受験者がいます。

電気工事士の資格でどんな職業に就くかによってもニーズは変わってくる。現在ECQの講習会に来られる方の多くはまったく電気畑に関係ない職業についている人も多い。

同時に、さまざまな現場に入るためには電気工事士の資格がどうしても必要とされるための受講者もいます。受講者の傾向を見てみると

電気設備に係る仕事

通信設備に係る仕事

エアコン設備に係る仕事

建築関係(内装・リフォーム・工務店)に係る仕事

太陽光設備に係る仕事

映像・照明・音響設備に係る仕事

工場などの保全に係る仕事

まだまだ特殊なお仕事の方々が電気工事士2種を必要としているようです。

転職を考えているなら電気工事士の資格をどのような分野で生かしたいかをよく考えることです。


電気工事士の時給・月給はどれくらい?

電気工事士の時給の平均を検索すると次のような結果が出ました。

岐阜県は1,110円でした。

愛知県は1,331円

東京では1,746円

大阪では1,490円

福岡では1,216円

全国の平均時給は1,511円と言ったところでした。

月給の平均については

岐阜県で25.5万円

愛知県で24.2万円