電気工事士の試験に合格したら揃えたい測定器3つ

電気工事士の試験の合格したら揃えたい測定器3つ

第二種電気工事士の技能試験も7月に終わり、あとは試験結果を待つのみとなりました。
今年から欠陥事例がはっきりと明示されたので、合格できるかどうかドキドキの一か月を過ごさなければなりません。合格したならぜひ揃えたい測定器を紹介

電気工事士の試験に合格したらぜひ揃えたい測定器

電気工事士になるかどうかはさておき、せっかく電気工事士としての資格を取得したなら持っておきたい機器をおすすめしたい。

テスター(回路計) 電圧や抵抗、導通などを調べる測定器です。

簡単で安価なものでも電圧を図るくらいなら十分です。電気工事業を始めるわけではなくとも、そう電気工事士でなくても持っている代物です。

ELPA アナログテスター EAT-01NB

このテスターは1000円を切っていて安価なものとなっていますし、アナログ派には十分

●ブザー音で簡単に導通チェック
●家庭に1台あれば、とても便利
●1.5Vと9V電池のチェックができます。
●測定レンジ ・直流電圧 ・交流電圧 ・直流電流 ・抵抗 ・導通試験(約80Ω以下でブザー) ・電池チェック(1.5V/9V) ・低周波出力(-20~50dB)
●付属品:テストリード1組、単三形乾電池1本(テスト用内蔵)、取扱説明書

もう少し値段を出して測定器メーカーのものをと言われる方には

HIOKI(日置電機) 3244-60 デジタルマルチメーター 3700円台

わずか60g・厚さ9.5mmのカードサイズで半透明のカバーもおしゃれ
カードハイテスタ 3244-60

●コンセントの奥まで届くプローブ先端長15mm、金メッキを採用
●手軽なサイズで手軽な価格(重さわずか60 g、 厚さ9.5 mmのカードサイズ)
●フルオートレンジでオートパワーセーブ機能付き
●Ω/導通レンジはAC 500 Vまで過電圧保護

テスターにもかなり高価なものもありますが電気工事業者でもポケットに入るくらいのものを一つ揃えておいても十分ではないでしょうか。



電気工事業者になるなら、最低揃えておかなければならない測定器

電気工事業法の中に登録するなら「器具の備え付け」と言う項目で上記の回路計(抵抗と交流電圧をそくていできるもの)に加えて絶縁抵抗計接地抵抗計を備えなければならない。

絶縁抵抗計(メガー)

SANWA アナログ絶縁抵抗計 500V/250V/125V PDM5219S 14000円台