第二種電気工事士技能試験に一発合格するための10年分のノウハウと最新の傾向を掲載。配線図を最小限の時間で複線図に書き上げる効果的な方法を紹介。さらに少人数制の格安での技能・実技講習会の実施案内。平日講習もOK。名古屋、岐阜、三重をはじめ大阪など遠方からの出席者がいます。参加できない方のためにDVD教材も提供しています。

第二種電気工事士技能試験|埋め込み器具・その他の欠陥

  • HOME »
  • »
  • 第二種電気工事士技能試験|埋め込み器具・その他の欠陥

埋め込み器具等の欠陥

埋め込み器具としてはスイッチ、コンセントなどがある。こうしたものの接続取付の欠陥例を紹介

取付枠への器具の取付

スイッチ2個 

取付枠に2個付ける時は真中を空ける。3個の場合、指定された記号のスイッチが入れ替わる

スイッチあるいはコンセントを取付枠に1つだけ取り付ける場合は真中に取り付けるのが適切。1つを一番上に付けたりすると欠陥になります。

心線の差し込み

心線露出 コンセント極性違い

心線の露出  心線が 2mm 以上露出で欠陥

コンセント極性の違い Wに白線が正しい

当然、電線を引っ張り抜けるなら欠陥となります。

渡り線の欠陥例

渡線欠陥 渡線黒

スイッチ3つの例 非接地側に白線は欠陥

スイッチとコンセントの非接地線側に白は欠陥

渡り線には極性があるものは極性の色をそろえる必要があります。

2個口のコンセントがあるなら渡り線はW側に白線非接地側には黒線を使用します。

スイッチだけの組み合わせならば、非接地側がすべて黒線を使用します。

その他の欠陥例

器具破損 圧着箇所違い

器具の破損すると心線が抜けてしまう

刻印が押されず両サイドから圧着

露出形コンセント 指定寸法より短い

露出形コンセントの接続において施工条件にそぐわない。ケーブル挿入に近い端子に接続が条件

器具の中心から接続部分まで指定寸法に満たない



PAGETOP