第二種電気工事士技能試験に一発合格するための10年分のノウハウと最新の傾向を掲載。配線図を最小限の時間で複線図に書き上げる効果的な方法を紹介。さらに少人数制の格安での技能・実技講習会の実施案内。平日講習もOK。名古屋、岐阜、三重をはじめ大阪など遠方からの出席者がいます。参加できない方のためにDVD教材も提供しています。

MENU

第二種電気工事士技能試験|露出形コンセント

  • HOME »
  • »
  • 第二種電気工事士技能試験|露出形コンセント

露出型コンセントへの結線





13問中1度だけ出ている露出形コンセントの問題。

レセプタクルと同じように輪作りして接続する必要があります。

  

露出コンセントの枠に合わせて外装を剥ぎます。

絶縁被膜の長さを1センチ程残して(台座の高さくらい)被覆を剥ぎ心線を出し、レセプタクルの時と同じようにして輪作りをします。

台座の下から電線を差し入れ外装皮膜が台座の上にくるようにします。

極性に注意しWの側に白線を締めます。

施工条件とは異なる接続

試験センターの欠陥事例には掲載されていないが施工条件においてねじ止めは電線を挿入した部分に近い端子に接続というものがあるので注意



このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿

New title

電気工事資格のECQブログ
ECQが2008年から蓄積してきた試験合格に必要な最新ノウハウをブログ形式で公開しています。

ECQ技能講習会
費用は1日7000円
講習会の詳細はこちら
 
 

第一種電気工事士技能に興味がある方は第一種電気工事士技能試験に合格するためのステップ

PAGETOP