第二種電気工事士技能試験に一発合格するための10年分のノウハウと最新の傾向を掲載。配線図を最小限の時間で複線図に書き上げる効果的な方法を紹介。さらに少人数制の格安での技能・実技講習会の実施案内。平日講習もOK。名古屋、岐阜、三重をはじめ大阪など遠方からの出席者がいます。参加できない方のためにDVD教材も提供しています。

MENU

第二種電気工事士技能試験|PF管とコネクタ接続

  • HOME »
  • »
  • 第二種電気工事士技能試験|PF管とコネクタ接続

合成樹脂製可とう電線管(PF管)の接続





ここではPF管(合成樹脂製可とう電線管)をジョイントボックスに接続する方法について紹介

金属管のコネクタと同じようにPF管接続用のコネクタがあります。コネクタにはロックナットがあり基本的には金属管取付と同じです。適切に接続されていないと欠陥となりますので注意が必要です。

取付

  

コネクタのPF管を接続する側を緩めます。

管を突き当たるまでしっかりと差し込みます。少し力が要りますが「カチッ」といって突き当たります。緩めた部分を締めておきます。ここの部分の締め忘れがあると抜けてしまったり、緩んでいると欠陥となります。

  

ボックスと接続するためのロックナットを外します。

コネクタを入れる穴は「小」の穴です。試験では単線図にPF16と書かれています。

ロックナットを締めて接続します。

PF管接続も普段からしっかりと取り付けられるよう練習しておきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿

New title

電気工事資格のECQブログ
ECQが2008年から蓄積してきた試験合格に必要な最新ノウハウをブログ形式で公開しています。

ECQ技能講習会
費用は1日7000円
講習会の詳細はこちら
 
 

第一種電気工事士技能に興味がある方は第一種電気工事士技能試験に合格するためのステップ

PAGETOP