第二種電気工事士技能試験に一発合格するための10年分のノウハウと最新の傾向を掲載。配線図を最小限の時間で複線図に書き上げる効果的な方法を紹介。さらに少人数制の格安での技能・実技講習会の実施案内。平日講習もOK。名古屋、岐阜、三重をはじめ大阪など遠方からの出席者がいます。参加できない方のためにDVD教材も提供しています。

MENU

第二種電気工事士技能試験|ボンド線取付

  • HOME »
  • »
  • 第二種電気工事士技能試験|ボンド線取付

ボンド線を取り付ける





ボンド線が使用されるケースとして

金属管をアウトレットボックスに取り付けた時に「金属管とボックスを電気的に接続する」という条件が指定される

この時に施工しなければならないのがボンド線の取付です。

コネクタ部分には接地用端子があるのでその部分に確実に挿入されていることとボンド線がネジで締め付けられている必要がある。

ボンド線が接地端子の反対側まで出ていないと欠陥になります。

ボンド線取付 

ボンド線(裸銅線)をのの字、輪作りします。

ボックスにはボンド線用のネジがあるのでねじ止めします。(右ネジになるようにします)締めすぎるとネジ穴を壊してしまい欠陥となるので注意

  

ボックスには下にいくつかの穴が開いているのでどこでも構わないので裏に通します。

指で示しているのがコネクタの接地端子です。このタイプの場合はボンド線をネジの両サイドのどちらに挿入してもOK

ボンド線を接地端子に通したところ

  

接地端子のネジをしっかりと締めます。線を引っ張って抜けると欠陥です。この際にもネジを締めすぎてしまわないよう注意します

端子から出た分はペンチで切り落としておきます。接地端子の端から線が出ていないと欠陥になるので注意

ボンド線取付完了。切り落として少し出た線を管に沿って曲げておくとよい



ボンド線取付は省略か?

ここ数年は第二種での試験において省略されていました。施工条件にはボンド線にてボックスと金属管を電気的に接続するという条件が省略されていました。

平成29年度において欠陥事例をはっきり示すためにそのポイントとして図解も含めて試験センターが公開しましたので、今年からはこのボンド線の作業があるかもしれません。

この電気工事士技能試験の注意するポイントとしての公開は第二種だけでなく第一種においても共通したものとなっていますので、一種のほうが出る確率は高いのかもしれません。

第二種においてもこの作業が出ないとも限りませんので施工条件に十分注意すると共にきちんと作業できるようにしておきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿

New title

電気工事資格のECQブログ
ECQが2008年から蓄積してきた試験合格に必要な最新ノウハウをブログ形式で公開しています。

ECQ技能講習会
費用は1日7000円
講習会の詳細はこちら
 
 

第一種電気工事士技能に興味がある方は第一種電気工事士技能試験に合格するためのステップ

PAGETOP