第二種電気工事士技能試験に一発合格するための10年分のノウハウと最新の傾向を掲載。配線図を最小限の時間で複線図に書き上げる効果的な方法を紹介。さらに少人数制の格安での技能・実技講習会の実施案内。平日講習もOK。名古屋、岐阜、三重をはじめ大阪など遠方からの出席者がいます。参加できない方のためにDVD教材も提供しています。

第二種電気工事士技能試験|電線の傷

電線の傷

電線は切り取る、剥ぎ取るの作業をするゆえに慣れないと電線に致命的な傷をつけてしまう

欠陥となる例を大まかに紹介。

電線を折り曲げると心線が露出するもの

曲げると心線が折れるほどの傷

外装の傷 絶縁状態が悪くなる

縦割れが2センチ以上は欠陥

試験センターが公表した不合格の理由はこうです

「電線に傷を付けない」
心線に傷をつけると,接続のとき,その部分から折れてしまう場 合があります。
また,心線には傷がなくても,絶縁被覆に傷があり,心線が露出 しているとき,ほこりなどが原因で発火する危険もあります。
さらに,シースは絶縁電線を保護するために設けられているため,シースが割れてしまっては,保護の役割を満たしていません。
従って,接続場所及びそれ以外のところであっても不合 格であると言えます。
ただし,表面に傷がついている程度のものについては欠陥と致しません




ブックマークよろしく!

このエントリーをはてなブックマークに追加

New title

電気工事資格のECQブログ
ECQが2008年から蓄積してきた試験合格に必要な最新ノウハウをブログ形式で公開しています。

ECQ技能講習会
費用は1日7000円
講習会の詳細はこちら
 
 

第一種電気工事士技能に興味がある方は第一種電気工事士技能試験に合格するためのステップ

PAGETOP